349766
楽 翁 日 記
[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

勝手気ままに、自由に好きなことを日記風に書いています。貴方も好きなことを書いてください。
画像は縮小されています。画像をクリックすると本サイズでご覧いただけます。

おなまえ
Eメール
題  名

コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

演奏会等も 投稿者:楽翁 投稿日:2003/12/01(Mon) 18:54 No.241   <HOME>
暇になり、ここんとこ弓道三昧。首、肩の痛みを癒しつつ、弱い弓に変えて練習を続けている。ようやく前離れが治りつつあり押手の開きも修正、的に向かって矢が真っ直ぐ飛ぶ感覚が少しつかめてきた感じ。この感じが自然に出来るようになれば・・。いつも此処まで来て又戻ってしまうのだが・・。大体弓道は「三歩進んで二歩下がる」というが、私の場合四歩下がるから困る。少しは前へ進んでいるのかな?


Re: 演奏会等も ジェン - 2003/12/01(Mon) 22:53 No.242  

そろそろ私も一緒に引くと何かいわれそうな気がしてきました(笑)。いよいよ本格弓道家族誕生か!


近江孤蓬庵 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/26(Wed) 17:31 No.240   <HOME>

秋晴れの澄んだ青空を見ていると家にいるのが勿体なくて、紅葉を見ようと、これまで何度か訪れた「近江孤蓬庵」へ。街道からの景色は今年は真っ赤な紅葉は見られないようだったが、やはり山道に入ると真黄色の銀杏と真っ赤な紅葉がベストコントラストで楽しむことが出来た。「近江孤蓬庵」では何時もの観光客も無く、仏前で一人静かに「大和調子」「虚鈴」を献曲することが出来た。やはりこういう所では地無管の音色が一番合う・・と一人悦に入り、見事な庭園を楽しんできた。



 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/23(Sun) 18:41 No.237   <HOME>
今日も弓道場へ。いろんな教本を読み直し基本確認をしてきたが、どうも首が硬くて、的への顔向けが充分ではなく、従って肩を開き気味にして顔向けしている。これが左肩が引け右肩が開かない原因らしい。教本によると左肩が引ける人は十分な射は出来ないという。前離れになっているのもこの精らしい。肩凝り性の私は、首肩の筋肉がカンカチコン。どうも致命的な欠陥になりそう。先生に言わせると「少しはましになってきている・・」らしいが。なんとかならんかのー。


Re: 首 ジェン - 2003/11/24(Mon) 15:21 No.238  

楽翁さんの流派のなかには「呼ばれて振り返る程度で充分」という教えもあるとか。
今できる範囲で、ちょっと頑張る程度にしておいたほうが良いのでは。徐々に向けるようになりますから。



Re: 首 楽翁 - 2003/11/25(Tue) 23:20 No.239   <HOME>

有難う。今日も道場へ行きF、K両教士の手を止めては見てもらってきました。弱いほうの弓でじっくり両肩の位置、角見の押し方を見て貰いました。最後のほうになってやっと先生の合格点を貰いましたが、まだ会得は出来ず。角見が少しは効く様になったのか、矢はすべて的の後ろ。今度は的付けの位置確認が必要になり、効き目の関係も出てきそうです。次から次へ課題はまだまだ多いようです。


基本確認 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/21(Fri) 18:40 No.236   <HOME>

昨日の稽古の時、改めて先生に質問攻めをして基本部分を確認してきた。今日はそれを試したくて午前中から道場へ。先ず弓の手入れ、握り皮の修正、弦の手入れ、中仕掛けの補正、そして射型の確認等々をもう一度見直した。どうも私の矢尺は87cmで普通は身長の半分だとすれば引きすぎている感がある。弓手の肘の内側への捻りはあまり意識せず、肩を上げずに充分押せるように工夫したが、まだ不十分。手の内にも問題はありそうだ。会に於いても肘で延びあいが不十分、従って体を弓の中へ入れての離れが出来ず。それゆえか弓返りせず。
昼食に帰るつもりが課題が多すぎ、道場の近くでいつも車で出ている石焼芋を買ってそのまま練習を続けてが、結局進歩なし。何時も出来ている部分が出来ただけで力尽きた。大きく伸びあい体を入れた離れ、これからの課題となった。的中率5割キープ出来ず。



演奏会と弓道審査 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/17(Mon) 12:09 No.235   <HOME>

昨日は「滋賀県三曲協会演奏会」に出演。家内は弓道審査を受審。
久しぶりに滋賀県の琴、尺八の師匠たちとお会いでき演奏も上々、客の入りも多く楽しく過ごせた。家内も連日の稽古が実って(?)2級合格。夜は弓道談義で話が弾み、長男に電話してこれまた弓談義、次は2月の審査目指して私が頑張らねばならない。
尺八は勿論竹、弓も竹弓が欲しい・・。もう少し修練してからかな?



充実した日 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/12(Wed) 23:05 No.234   <HOME>

午前中、久しぶりに琵琶湖畔へ。竹一本とパイプを持って、陽光に煌めく水面、数百羽の水鳥を眺めつつ秋の日差しの中、思いっきり古曲を吹いてきた。部屋で練習するのとは又一味違った開放感があり、音も大らかに鳴っていた。
午後、家内と弓道場へ。一つ一つを丁寧にチェックしてまずまずの的中率。家内は連日の練習で疲れているのか胴作りが安定せず。少しあせりがあるようだ。
夜、16日の演奏曲「寿万歳」のリハーサル。さすがに師匠以上の演奏だけに美しく仕上がってきた。会費も全員徴収が出来、責任者としては一安心。充実した一日だった。



手の内 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/08(Sat) 18:42 No.233   <HOME>
午後弓道場へ。今日は教士の先生3人のうちお二人がおられたので、質問攻めをしてきた。的に向かっての立つ位置、つまり抱き的、背負い的のこと、そして斜面に於ける手の内、押し開き、第三の位置等々。更に握りのあり方まで教えてもらった。実践は時間が無くて十分ではないが明日以降の練習で習熟していこうと思う。先ず角見の働き、弓返り、そして何よりも大きくノビノビと引けるよう心がけたい。これが出来れば、もっと弓が楽しくなるだろうに・・。何時のことやら?


 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/06(Thu) 18:50 No.230   <HOME>

家内の受審日が近ずいてきたので、連日のように弓道場へ。こっちがつき合わされているような感じになってきた。今日は先日太くした握り部分を結局標準に戻し、それを試したくて昼間稽古してきた。3時間ほどたっぷり稽古してきたが、ここんとこ絶不調で2割程度の的中率。家内のほうももう一歩。二人でしょんぼりと帰ってきた。肩、腰、足首が鈍痛、明日には治っているのだが。当たらない日の夜は寝つきが悪い。今夜も・・?



Re: 弓 ジェン - 2003/11/07(Fri) 00:09 No.231  

先生にみてもらえず、一人で打破しなければならない時は、前日の練習から一つだけ直すところをピックアップし、次の日そこだけを極端に変えてみて下さい。正しい型を通り過ぎてとにかく極端に。
そうすればそこが直ればどうなるのかが実感でき感触がつかめてきます。それから正しい型に収めていったほうがいいです。



Re: 弓 楽翁 - 2003/11/07(Fri) 23:11 No.232   <HOME>

その様にやって見ます。直すべき所が次から次へ出てきて、追いつかない状態ですが・・。トホホ! 家内にも伝えました。


リハーサル 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/05(Wed) 21:00 No.228   <HOME>

11/16日彦根文化プラザで開催の「滋賀県三曲協会演奏会」に出演曲「寿万歳」のリハーサルをしてきた。琴14名、尺八7名での合奏になる。三曲協会の評議員となった為、パンフレットの配布や会費の徴収など、結構演奏以外の事でお世話することが多い。世話役というのは私には向いていないようだ。何もしないタイプだから・・。でも一言多いタイプでもあるから仕方ないか・・。ヘッヘッへ・・。



整理 投稿者:楽翁 投稿日:2003/11/03(Mon) 17:43 No.227   <HOME>

今日は雨。気力が充実しないまま、本棚・CD棚・楽譜棚・ツールボックス等々の整理をした。何故こんなものが取ってあるのだろうと思うほど必要の無い書類や本そしてテープ類、楽譜もコピーを含め重複していたりバラバラに入っていたり、そんなこんなで一日かかってしまった。少しはスッキリした感あるも結局は詰めなおしたのかもしれない。思いきって捨てるもので一番多いのが業界月刊誌、次いで過去演奏会のパンフレットや付随書類。なんかの参考になるかな・・と取って置いた物を捨てた。一番整理するのに困ったのが写真。捨てる訳にいかず、といってアルバムに張るまでのものでもなく、結局引き出しに突っ込んだだけとなった。
それにしてもCD・テープ・MDが随分増えた。それだけ曲をこなせていればよいのだが・・。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -