349766
楽 翁 日 記
[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

勝手気ままに、自由に好きなことを日記風に書いています。貴方も好きなことを書いてください。
画像は縮小されています。画像をクリックすると本サイズでご覧いただけます。

おなまえ
Eメール
題  名

コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

 投稿者:楽翁 投稿日:2004/02/18(Wed) 17:22 No.272   <HOME>

手持ちの矢を全て点検してみました。遠的矢8本(内竹矢4本)近的矢28本(内竹矢8本)。夫々に太さ、長さ、重さ、重心を調べた結果、今の弓力で使いやすいのは、竹矢4本、ジュラ矢14本となった。
重心は中々理想どおりとは行かず、少し手を加える必要がありそうだが、今の私の実力では大差あるまい。結果的に曖昧な点で妥協しているが、弓道は精神的な部分が多い。自分で納得できるものを使うことも必要だろう。勉強になった。弓を引いていて、この矢は重く感ずる等々、直感があたっていたのも嬉しい。



Re: 矢 ジェン - 2004/02/18(Wed) 21:14 No.273  

何で近的矢が28本も・・・。
私でも16本しかないのに・・・。



Re: 矢 楽翁 - 2004/02/18(Wed) 22:39 No.274   <HOME>

スミマセンネ。家内の矢と二人分ですから・・。
それに道場のバーゲンで中古の矢を安くで買ったものですから・・。
なにしろ何事をするにしても、道具から入り、道具を替えることによって人より倍練習する性質ですから・・フォッフォッホー(笑)



古典本曲 投稿者:楽翁 投稿日:2004/02/13(Fri) 19:38 No.271   <HOME>
今日は弓道の練習を止め、じっくりと地無管による古典本曲を吹いてみた。いつのまにか地無管も5本に増え、それぞれに癖のある部分を徹底的に吹き比べてみたが、音色、律、音の抜け具合など完全な管にはなっておらず、自分の工夫で補っている状態である。これが地無管の面白いとこでもあり、難しいところなのであろう。明暗のように音色を追求していくのか、それとも現代に会う律を模索していくのか、いずれは同じところに落ち着くのだろうが、今の私には未だそこまで到達していないようだ。自分の納得できる音、それが問題だ。


眼鏡 投稿者:楽翁 投稿日:2004/02/05(Thu) 19:18 No.269   <HOME>

寒風吹きすさぶ中、弓道場へ。少し準備体操をして、先ずは素引きを・・と安易に取り扱ったのが失敗の元。弦が勝手にはなれて頬打ち。眼鏡がすっ飛んでフレームは歪み、レンズは飛ぶは・・。歪みをペンチで直したらポキッと折れて使い物にならず。結局眼鏡無しで練習に入り「眼鏡が無いほうが、会に入りやすい」等と家内には強がりを言っていたが、的は二重に見え、折しも粉雪舞散り矢の行方は判らずほとんど的中無し。エライ目にあってきた。凍えた体を引きずって帰路、眼鏡屋さんへ。フレームを替えて26000円。高い練習費になってしまった。安易に弓は扱うべからず。痛い教訓だった。



Re: 眼鏡 ジェン - 2004/02/05(Thu) 20:33 No.270  

それ、私も学生時代にやりました。痛かった〜。
幸いめがねはしてませんのでよかったですが・・・。



オークション2 投稿者:楽翁 投稿日:2004/02/03(Tue) 17:48 No.268   <HOME>

各寸の尺八を揃えているが、何故か1.9尺が無かった。オークションで探してみたら、古い尺八が出ていたので落札した。少し手を加えなければならなかったが、上手く出来た。地無延べ管ではあるが結構律的にも良くなり嬉しい管が手に入ったものだ。手を加えなかったら外観だけの竹だったろうと思う。甦った尺八に乾杯!
少しオークションにはまりすぎていたので、しばらく間をおこう。



オークション 投稿者:楽翁 投稿日:2004/01/29(Thu) 20:32 No.267   <HOME>

ここ数日ヤフーオークションにはまっている。
試しの積りで、運良く落札したのが尺八、そして欲しかったパイプ用ライターZippoも落札できた。後数件入札してあるがこれは内緒。
興が乗って入札し過ぎないように十分注意していこうとは思っている。結構ここ数日楽しんでいる。もう少し続きそうだが・・。
それにして何でも出ているものなんだ・・と変に感心しつつ、これまで新品の高い買い物をしてきたものだともつくづく思う。



瓢箪 投稿者:楽翁 投稿日:2004/01/27(Tue) 18:33 No.266   <HOME>

長男の弓道先輩から、私、家内とも弓道頑張っているからと、三個瓢箪を頂戴した。早速長男が二個送ってくれた。嬉しい贈り物である。
ギリ粉かフデ粉入れに使えるそうだが、丁寧な仕上げで使うのがもったいないような気がする。有難うございます。
それにしても弓道、一向に前へ進まない。的中率だけを気にせず正射を心がけているのだが、胴造り、十文字、押手、離れ等々思うようにいかず、射毎に何処かブレがある。もう少しと思って頑張るのだが、いつまでかかることやら・・。



地方審査 投稿者:楽翁 投稿日:2004/01/21(Wed) 18:27 No.264   <HOME>

2/15日に弓道の地方審査がある。連日練習に励んでいるが竹矢での的中率が今ひとつ。竹矢は道場での整理品だけに重さ、重心等少し不安があり的中率も落ちているので、先生と相談の上、元のアルミ矢にて受審することにした。改めての練習ということになるが、今から自信を深めていきたいと思う。先生も試合のときはアルミ矢を使うという。やはり竹矢は自然なだけに一本一本に癖があるのかもしれない。
十分に見極められるようになってから、又竹矢に挑戦してみたい。



Re: 地方審査 ジェン - 2004/01/21(Wed) 22:55 No.265  

相変わらず、自分で経験しないと納得されないんだから(笑)。
ちょっとシビアなことを言いますと、一度不信感を持った弓具は絶対再度使えません。おそらく二度とその竹矢を真剣に使うことはないでしょう。
真剣勝負の道具ですから。調子が悪くても道具で言い訳できないような自分で納得しきったものだけを揃えるようにしたほうがいいですよ。といっても全部そろってるか(笑)。



虚無僧について 投稿者:楽翁 投稿日:2004/01/17(Sat) 16:08 No.263   <HOME>

「虚無僧について・・・その1」というページをUPした。
結構虚無僧に惹かれる人は多いらしく、問い合わせがある。そこで自分だけのHPではなく、基本的な部分も参考になれば・・とお役に立てるようなHPを目指して今後作成していこうと思っている。
勉強することは多いが・・。

こちらからも覗いてみて下さい
http://www7.ocn.ne.jp/~gakuoh/suizen/suizen/komusounituite1.html



 投稿者:楽翁 投稿日:2004/01/14(Wed) 11:38 No.262   <HOME>

昨夜からの雪、今も時折粉雪が・・。
風情の中で普化尺八・・なかなか乙なものだ。



初吹会 投稿者:楽翁 投稿日:2004/01/12(Mon) 21:31 No.261   <HOME>
毎年恒例の高琳社初吹会を行ってきた。お琴の師匠4名をお招きし、「越後獅子」「長唄編曲越後獅子」「軒の雫」「故郷の花」そして都山流本曲「鶴寿楽」の5曲を演奏後、会食となった。総勢18名の中私のお弟子さんも参加させていただいたが、それなりについてきたようでまずは一安心。今年もこれから演奏活動が始まる。しっかり練習して、お客様に感動してもらえるような演奏が出来ればよいのだが・・。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -