349766
楽 翁 日 記
[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

勝手気ままに、自由に好きなことを日記風に書いています。貴方も好きなことを書いてください。
画像は縮小されています。画像をクリックすると本サイズでご覧いただけます。

おなまえ
Eメール
題  名

コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

虚無僧曲 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/19(Wed) 20:10 No.90   <HOME>

古典本曲といっても、私の中では明暗系と琴古系とに分かれており、その曲調、譜の書き方、吹き方まで違っている。従ってそれらを総合して虚無僧曲と呼んでいる。虚無僧尺八研究会はその総合レッスンとして発足したのである。従って同じ曲であっても、明暗流と琴古系とでは、別のレッスンとなる。私自身が得意とする夫々の曲を整理してみた。未だ充分ではないが研究会の仲間と一緒に、更に研鑚していきたいと思っている。3/2日に小堀遠州忌の献茶式で献奏する曲も両方入り乱れそうだ。長管(2.4寸)で・・と思い稽古に励んでいる。
上手く吹ければ幽玄の世界が・・出来るかな?



お雛様 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/18(Tue) 18:31 No.89   <HOME>

尺八仲間のYさんの奥様が作ったという陶器のお雛様を頂戴した。
家内が喜んで、早速飾っていた。「雛祭り」を広辞苑で見ると、三月三日の上巳の節句に、女児のある家で雛壇を設けて雛人形を飾り、調度品を具え、菱餅・白酒・桃の花などを供える祭。とあった。
我が家には女児はいないが、長男宅には女児が二人、「雛飾りいるか?」と訊ねたら「ママのがあるからいい。置く場所もないし・・」との事だったらしい。家内、ママ、孫娘二人、女のほうが強くなりつつある。私とパパは・・。弓道があるよ・・。



地連審査会 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/16(Sun) 17:04 No.88   <HOME>

2級合格。2級受審者の最後だった為、大前となり以下は1級受審者となってしまった。2番以下の人には立射ですからと説明しておいたのだが、やはり戸惑いがあったらしく、揃わなかった。気の毒したなと思ったが、全員合格でホッとした。一本目的下、二本目的中、先ずは安心して発表まで、昼食をゆったり取り、写真を撮ったりするゆとりを持てた。それにしても殆どが学生ばかりで一般は数人だったが、常に教えてもらっている先生方が、5人中3人も審査委員であり、初めての道場でも、違和感なく普通に出来た。これからも一所懸命努力して、先ずは早くに初段を・・、そこから本当の弓道が始まると思うのだが・・。



まずまず 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/14(Fri) 16:48 No.87   <HOME>

昨日のセリフではないが、正に日替わりメニュー。今日は最初の一手皆中、次は50%と続き、まずまずの出来にて、気を良くして帰ってきた。このまま審査に持ち込めればよいのだが・・。

車が車検にて、代車チェイサーに乗っている。久しぶりの乗用車も良いものだが、やはり私は4駆が好きだ。別に山野を走るわけではないが・・。思えば車が好きで過去に多くの車に乗ってきたものだ。でも今は車検を受けて、乗り続けようと思っている。大人しくなったものだ・・。



中らん 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/13(Thu) 22:47 No.86   <HOME>

中らず。的中にこだわりたいがダメ。仕方ないからせめて体配と形でも・・と思い始めたが、少し遅かったかな。明日の稽古が審査前最後の稽古となりそうだ。明後日は演奏会と夜は虚無僧曲のレッスン。その翌日が審査。目下のところ悪い癖がまたぞろ顔を出してきて、矢こぼれがチョクチョク。これだけはやりたくない。さすがに弦かえりまではいかないが。これまでとは逆に矢は下、後ろになってきた。明日最後の調整をして、審査に望む。自信をもったり、失ったり、全く日替わりメニューだ。



射形 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/12(Wed) 18:56 No.85   <HOME>

弓道場へ。昨日の稽古で射形は先生に褒められたのだが、今日鏡を目の前に於いて稽古してみると、昨日よりはかなり悪い。先生の前で緊張して引いているのと、自分ひとりで気楽に引いているのとでは、これだけ差が出るものらしい。やはりこの時点では矢所は定まらず。鏡を意識して練習している間に、何とか矢所は纏まり出した。やはり首が充分、的に向かないということは、左肩が引けて押すことが不十分。中るはずないよね。右肘を背筋に納められても、左は納まらず、無理をすると首が痛む。じっくり時間をかけて首が回るようにしなくては・・。正射は程遠い。焦らずにやろう!



虚無僧曲 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/11(Tue) 17:16 No.84   <HOME>

同じ虚無僧曲(古典本曲)といっても、明暗系、琴古系、その他錦風流や根笹派等結構幅は広く、いずれも勉強はしたが、幅が広がりすぎて今ひとつ自分が得意とする曲が定まっていない。小堀遠州忌、献茶式での演奏依頼を機に思案検討の結果、11曲を選定した。つまり
「調子」「虚鈴」「大和調子」「阿字観」「霧海ジ」「虚空」「鈴法」「産安」「三谷」「手向」「下り葉」である。
吹料管は二尺三寸(正寸管)とし、少なくともこの11曲は「虚無僧・樂翁」の得意曲になるよう、今後も一生懸命努力していこう・・と決めた。何時出来上がるか・・。到達はしないだろうが・・。



打越し 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/10(Mon) 18:28 No.82   <HOME>

昼に二時間ほど弓の練習をしてきた。弦の張りを調整し、胴造り、取懸け、打越しと注意しながら。特に今の私は矢が上にいく傾向にあるので、頬付けが下がらず、離れで右肘が下がらないように注意した。今日は33%という初めての確率。正射になっているかどうか解からないが、こう出来れば中るというものが少し見えてきた。もっとも明日になれば又違うのだろうが・・。週末には審査。他の道場だから入場など見当もつかないが、何とかなるだろう。それに審査前ぐらいしか熱心に練習しないんだから・・。



無題 ジェン - 2003/02/11(Tue) 12:11 No.83  

おいおい・・・。


シニア アンサンブル 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/08(Sat) 15:49 No.81   <HOME>

ヤマハ主催のシニアアンサンブルフェスティバル2003in大阪「響け!世代を越えるハーモニー」と題して、3/8日大阪府立青少年会館文化ホールにて演奏会が実施される。今日はその練習をしてきたのだが、中々リズム、ピッチが合わない。シニアだけに自分の思い込みが激しく、指揮者を見る人が少なく、言うことを聞かない。私もそうだが人の失敗を愉しみながらの練習も、又楽しいものである。
夜は、琴、尺八のそうそうたる先生方とリハーサル。真剣に合わせてこなくては・・。



手の内 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/07(Fri) 18:51 No.80   <HOME>

弓道場へ。一人でジックリ稽古してきた。弦が折れたりササクレていたので新しい弦を使用。昨日注意されたことを一つ一つ思い出してやってみたが、出来るようにはならない。しかし矢は的の周辺にマトマリ出したように思う。そう思わなくてはやってられない。ベタ押しにならないよう手の内を注意したが、もう一つわからん。最後は理屈ぬきで、肩の力を抜いて的にあてることだけに集中したが・・中らん。惜しいところばっかり・・。まーた明日!

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -