352633
楽 翁 日 記
[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

勝手気ままに、自由に好きなことを日記風に書いています。貴方も好きなことを書いてください。
画像は縮小されています。画像をクリックすると本サイズでご覧いただけます。

おなまえ
Eメール
題  名

コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

カラオケ 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/06(Thu) 16:44 No.102   <HOME>

久しぶりに尺八の定番でないものを・・と思って、演歌とポピュラーのカラオケCDを引っ張り出して遊んでみた。「天城越え」「兄弟船」そして「オーラー・リー」等々。結構面白く遊ぶことが出来た。お弟子さんにも堅苦しい練習ばかりでなく、時にはこんなことも教えてあげようと思う。目下のところ五線譜は全て尺八譜に直して吹いているのだが、五線譜のままで吹けるよう勉強しょうと思ったが、どうもそこまでの集中力に欠けている。少し時間をかけて習熟してみよう・・必要性に迫られていれば出来るのだが・・。



復帰 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/05(Wed) 22:32 No.101   <HOME>

今日のレッスンから、楽石さんが復帰してきた。胃のほとんどを摘出手術の為1ヶ月入院、退院して3ヶ月になるが、元気にレッスンに来てくれた。もう少し時間が掛かると思っていたのだが、元気で尺八が吹けるという。嬉しかったが、たまたま今日のレッスンは古曲の練習で結構長い曲である。音出しもよく病気していたとは思われない音色で長い曲をこなしてくれた。聞けば毎日一時間は歩き、プールでも歩いたり泳いだりしているという。胃がほとんど無い人とは思えぬ元気さで、私よりも運動をしている。私自身も運動することを考えなければ・・とつくづく思う。歩こうかなー・・苦手なんだがナー。



演奏二題 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/02(Sun) 18:36 No.100   <HOME>

午前中は小堀遠州忌献茶式での虚無僧曲献奏にて「調子」「三谷」「虚鈴」等約25分間独奏。長管で太い地ナシ管で吹いたのだが、後半息切れし高音部分の余韻を示すことが出来なかった。体力が落ちているかと愕然としている。それとも単なる稽古不足か・・。
午後は「長浜音楽祭 春いちばん」に出演。コーラスグループや各種アンサンブルが多数参加、色んなグループが活躍しているものだと感心させられた。これまで邦楽の世界だけしか知らなかっただけに、音楽の世界が広まったように思う。邦楽の古典曲そして洋楽の現代曲、
どちらも尺八で表現できる・・素晴らしいですねー。



はつらつコンサート 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/28(Fri) 18:41 No.99   <HOME>

今テレビで騒がれている滋賀県豊郷町だが、そこの四季の森(デイサービスセンター)にて、老人、保育園児を対象に琴、文化琴、尺八による演奏をしてきた。音楽療法の権威「呉竹英一」師の主導によるもので、私も数曲参加してきた。お年寄りになじみのある曲、及び幼児にも親しめる曲、そしてα波の出る曲となれば、選曲はかなり難しく、結果は良かったかどうか解からないが、保育児たちもおとなしく聞いてくれ、終了後はお琴を触って喜んでいた。たまにはこのような肩の凝らない演奏会も良いものだ。楽しかった。
開演前に偶然豊郷町の町長にお会いしたが、テレビで報道されているようなイメージではなく、穏やかな人気のある町長だった。



初心研修会 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/26(Wed) 18:58 No.98   <HOME>

高琳社という尺八の社中がある。長浜で現役では一番歴史のある社中だが、そこの顧問のような形で所属している為、奇数月の第三木曜日に『初心研修会』を企画担当している。毎回お琴の社中を招いて、古曲と現代曲の二曲を研修するのが私の担当となっている。今日はその案内状を作った。3月には「春の曲」と「桃季の郷」を研修する。
案内状には曲解説もつけ、少しでも曲想を理解してもらおうと配慮した。もっとも受講してくれる人たちは職格者が多く、その人たちのお弟子さんがもっと参加してくれると嬉しいのだが・・。底辺の広がりが望まれる。



明暗曲 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/25(Tue) 20:25 No.97   <HOME>

3/2日の小堀遠州忌献茶式に献奏する曲を選定した。30分程度吹き続けることになるだろう。去年までは琴古系の古典本曲を献奏してきたが、今年は明暗曲を主に入れてみようと思う。「調子」「虚鈴」「阿字観」「大和調子」そして「三谷」「鈴法」時間があれば「虚空」。
長管で吹く積りだが、息が続くか・・つまり腹の底からの音を続けられるか少し不安はあるのだが・・。遠州忌に参集されるのは、市会議員、町役員、小堀遠州研究会の人たちらしい。私はお坊さんの隣で袈裟をつけて献奏するので、焼香の時は私にまで拝礼がある。厳かに頑張らなくては・・。



一週間ぶり 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/24(Mon) 22:17 No.95   <HOME>

昼に家内と弓道場へ。審査が終わって一週間ぶりとなった。中てることより先ず基本射形を・・と思っていったが、的前へ立つとやはり中てる事に夢中になってしまった。中らないから余計なのだが・・。中てることより、基本を・・でも中てる為に基本をやるのだから・・等と自分の都合のよいように解釈しながら・・。弱い弓で基本を・・とやってみたが、中っても矢が湾曲を描いて飛んでいたのでは全然面白くない。やはり矢は真っ直ぐ飛ばなきゃーなどと少し贅沢になってきたかな?自分の弓が今のところ一番。未だ少しきついのだが・・。



Re: 一週間ぶり ジェン - 2003/02/25(Tue) 01:08 No.96  

う〜ん、典型的な道筋をたどってますよ。ちょっと危険かも。「正射必中」を心のそこから信じてますか。中てたいと思うなといっているわけではないんです。「正射必中」さえ底にあれば「中てること」に夢中になれば結局、基本を見直すはず。中てることと基本形を学ぶことが分離して頭の中にあるのが危険です。初心者のうちは(一人で練習すると)学生と一緒でとにかく目先の的中にこだわるもの。それはある程度仕方ありませんし、それが上達の活力ともなります。決してデメリットとはいえません。でもそれと基本を学ぶことが分離しては駄目です。弓道は基本形がすなわち理想の完成形であり、極端な言い方をすれば独自の工夫で基本形を上回ることなどないのです。中てたい人ほど基本を意識してやりましょうよ。ね。


長浜芸術文化協会 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/23(Sun) 18:21 No.94   <HOME>

長浜には三曲協会はなく、長浜芸術文化協会が統括している。今日はその総会があり出席してきた。メンバーは尺八、琴の師匠が大半だが、吟詠、長唄、日本舞踊、民謡三味線の師匠方も参加している。今日の総会では、H14年度事業及び会計報告、H15年度事業計画、役員改選が主議題だったが、数十年続いている組織体であり、役員も含め旧態依然として変化なし。意見は出るも結局あやふやで終わってしまった。このままでは時代の流れに遅れていくのかもしれないが、逆にこの曖昧さが今日まで組織を継続させてきたのかもしれない。古典芸能を護り育てていくということの難しさを感じる総会でもあった。



舞台リハーサル 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/22(Sat) 17:15 No.93   <HOME>

3/2日演奏の舞台リハーサルをしてきた。曲目は「島唄」「春の唄」「童謡メドレー・春」の三曲。いざ舞台に上がってみると、普段部屋で練習しているだけに、配置の問題、音の広がり等気になる箇所が多く出てくる。キーボードやギターの音量調節も結構難しく、トランペットやサックスの音が大きすぎたり・・と全体の調和が難しい。ましてシルバーの面々、人のことなどお構いなし、自分の世界オンリーという人もいるから・・これが結構面白い。楽しく演奏したいと思う。
琴と尺八が入っているアンサンブルはこの「銀の櫂」だけではあるまいか。



リハーサル 投稿者:楽翁 投稿日:2003/02/20(Thu) 18:30 No.91   <HOME>

町長と住民との争いで、今マスコミを賑わしている豊郷町で、2/28日演奏会をする。音楽療法を主とした演奏会なのだが、そのリハーサルをやってきた。琴の師匠たちもベテランが揃い、尺八は私一人だが、スムーズに進行することが出来た。体が不自由な人たちや老人を対象とした音楽療法の演奏会なのだが、上手くβ波を引き出せるだろうか。専門知識がないから見当もつかないが、一生懸命吹いてこようと思っている。今流行の癒し・・になれば良いのだが・・。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -