349766
楽 翁 日 記
[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

勝手気ままに、自由に好きなことを日記風に書いています。貴方も好きなことを書いてください。
画像は縮小されています。画像をクリックすると本サイズでご覧いただけます。

おなまえ
Eメール
題  名

コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

演奏依頼 投稿者:楽翁 投稿日:2003/04/04(Fri) 18:48 No.125   <HOME>

家内のお琴の師匠より、6/29日同社中の演奏会に出演の依頼を受けた。同師は長浜筝曲連盟の会長であり、精力的に活動されており、ご一緒させていただくことも多い。勿論喜んで承諾した。私の担当する曲は未定とのことだったが、家内は「千代の寿(宮城道雄)」「万葉越中の春(野村正峰)」「さくら・21(水野利彦)」の予定ということらしい。さてさてどんな曲を依頼されるか解からないが、言われた曲はどんな曲でも演奏しなければならない。これまでもそうだが、例え知らない曲でも譜を取り寄せて間に合わせる。此れもまた楽しい・・。



月例射会 投稿者:楽翁 投稿日:2003/04/01(Tue) 23:00 No.124   <HOME>

練習の積りで弓道場へ行ったら、今日は月例射会だという。これまで中断していたのを今年度から再開するという。毎月第一火曜日に実施。12射の内何射的中させるかを自己申告し、その数を上回った本数で競うのである。私は競射すら初めてで戸惑いも多かったが、参加してきた。自己申告は2本としたが、結果は1本だった。先生方は大体8本の申告で、上回った本数で勝負をしていた。
これからは月例に参加して、1本づつでも的中を増やしていけたら・・と意欲が出てきた。的中0でなくて良かった・・これが本音。



古典本曲 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/30(Sun) 18:33 No.123   <HOME>

明暗系と琴古系の古典本曲を自分の吹奏曲として整理してみた。
明暗系では「調子」「大和調子」「虚鈴」「阿字観」「虚空」「霧海ジ」「神保三谷」
琴古系では「山越」「三谷」「産安」「打波」「下り葉」「心月」といったところか。
古典とはいえないが、福田蘭童の「深山ひぐらし」「桔梗幻想曲」「月光弄笛」などが好む曲でもある。
じっくりと練習してみた。尺八一本で発表する場は、中々ないのだが・・。



尺八と弓道 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/29(Sat) 17:52 No.121   <HOME>

午前中「銀の櫂」。5/10日の豊公園での演奏曲目が決まった。「ふるさと」「われは海の子」「琵琶湖周航の歌」「大きな古時計」「島唄」「ソーラン節」「聖者の行進」「童謡メドレー」「浜辺の歌」「明日があるさ」「マイウエイ」以上である。
午後は弓道場へ。新しい矢をじっくり試してみたが、最初の内はバラバラだった矢所がまとまってき、後半は的中もで出した。当分この1913で練習を重ねていこう。少し面白くなってきた。やったるで・・



賑やか 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/28(Fri) 17:23 No.119   <HOME>

ママと長女孫と次女孫が帰省して2日目。何時も静かな我家も赤ん坊の泣き声や幼児の嬌声で、すごく賑やかである。ジジ、ババとしては付きっ切りで孫たちのお相手。もっともジジは尺八や弓道でマイペースを崩さないが・・。今日はパソコンに入っている写真を長女孫と見た。ほとんど覚えているらしく、場面説明が長かった。次女孫もジジに抱かれるのが嬉しいらしく(ワカッテイルノカナ)うーうーと良くお喋りをする。また写真が増えるだろう。



適切矢 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/27(Thu) 23:13 No.118   <HOME>

午前中に弓道具屋へ。1913の矢を買ってきた。これまで使っていた2015と同じ羽根の色でシャフトを黒に変えた。
夜道場へ。やはり私の弓には1913が合うらしく、矢飛びが良い。真っ直ぐ直線で飛んでいく。的中はなかったが「何処へ飛ぶかは、矢に聞いてくれ」という状態からは脱しきれるような気がする。後は基本通りの射が出来れば的中も出てくるだろう。練習のし甲斐が出てくれればよいのだが・・。



Re: 適切矢 ジェン - 2003/03/29(Sat) 01:22 No.120  

四本組ですか?


矢の太さ 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/26(Wed) 18:01 No.117   <HOME>

午後じっくりと練習してきた。ある本によると13kの弓では、矢は1913が適切という。これまでは2015を使用していたのだが、今日は1913の矢を引っ張り出してきて練習してみたが、なるほど矢飛びが違う。真っ直ぐ飛ぶだけにこれまでの感覚と少し違うが、狙いやすいような気がした。最初の間は的の上や前へ大幅に外れたが、馴れてくるに従い纏まり出した。やはり弓の強さに合った矢を使用する必要があるのではあるまいか。練習中に今週連合審査を受ける先輩(女性)がみえ、聞いてみたところ14キロの弓で1913を使っているという。暫くは1913を使ってみようと思うのだが・・。



ギリ粉 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/24(Mon) 18:18 No.115   <HOME>

長男に貰った古い矢を持って弓道場へ。相変わらず進歩無し。的の周辺に集まるのみだが、貰った矢のみ中るのはどういうこと?
的をみる目を意識してみたが、私はどうも右目で見ているらしい。首の振りが不十分の為なのかどうかは解からないが右目で見ている。これは左眼が効き目の人と的付けが変わるのではないだろうか。弱い弓、強い弓色々試してみたが結局は自分の弓でしか、射は出来ない。つまりは最初から自分の弓でしか引いていないので、自分の弓に合った射しか出来なくなっているのかな?基本通り出来ているのだろうか?悩みは多い。



無題 ジェン - 2003/03/25(Tue) 00:17 No.116  

色々言いましたがやっぱり右目で見て的付け(弓より半分左に出る)が正しいです。ただそこまでは難しいと思いますが。
左眼が利き目の人の的付けの仕方も勉強しました。今度話します。



老人会 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/23(Sun) 17:56 No.114   <HOME>

びわ町社会福祉協議会主催の老人会が南浜公民館で行われ、イベントとして三曲演奏を依頼された。「花かげ編奏曲」でスタートし私の尺八独奏「三谷」そして「日本名歌集 第一編」と続いた。司会も担当したので言わば私のライブのような様相になってしまったが、何せ急な依頼だっただけに全てブッツケ本番。それにしては先ず先ずの出来だった。尺八独奏よりも司会の上手さを褒められたのが、いささか不満ではあるが・・。

(写真は昨日購入した家内用の矢と矢筒です)



お宮参り 投稿者:楽翁 投稿日:2003/03/22(Sat) 19:45 No.113   <HOME>

一昨日夜に長男宅を訪問し、昨日は次女孫のお宮参り、そして食い初めを祝ってきた。私に抱かれても違和感がないらしく、声を出して笑ってくれる。すっかり抱き癖をつけてしまったようだ。
今日は長女孫のスイミングスクールでの昇級試験だというので、同行した。何時もよりかなり頑張ったらしく昇級し、パパママは勿論ジジババも大喜び。本人も鼻高々で「オバァちゃんも弓道頑張ってね」ババも発奮して、帰路に弓道具屋へより、矢と矢筒を買った。これでババも弓道から逃げられなくなった。家族サービス大奮闘の二日間でした・・。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -