349766
楽 翁 日 記
[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

勝手気ままに、自由に好きなことを日記風に書いています。貴方も好きなことを書いてください。
画像は縮小されています。画像をクリックすると本サイズでご覧いただけます。

おなまえ
Eメール
題  名

コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

竹弓・竹矢2 投稿者:楽翁 投稿日:2004/12/16(Thu) 17:55 No.359   <HOME>

先日買った松永の竹弓と竹矢、今も道場で練習してきたが、気に入った!普通に無理なく引けて、肩や肘に負担感なし、弓返りも意識しなくても出来るようになり、矢飛びも悪くない。竹矢も弓の弓力に合っているように思うし、長さも私にピッタリ。正射出来た時は真直ぐに的中。もっとも正射が中々出来ないのだが・・・。とにかく今の私にはピッタシだと、自己満足している。このままの弓の状態が維持できれば・・と願う。後は自分の腕を磨くのみ・・。



竹弓・竹矢 投稿者:楽翁 投稿日:2004/12/13(Mon) 19:19 No.356   <HOME>

昨日、法事の帰りに一宮市の「幽林堂弓具店」に、初めてだが冷やかしのつもりで入ってみた。小さな店で女将さんと話をしているうちに、結果「松永重昭」の竹弓(13k)と、6本組みの竹矢(24g)を買ってしまった。嬉しく興奮気味で帰ってきて、早速弦を張り、中仕掛けを作り、握り皮まで替えてしまった。竹弓はその羽の美しさを眺めつつ就寝。
今日、午前中に弓道場へ。いろいろ試し射をしてみたが、先ず問題なし。今までの射が素直に出来て、一安心。これまでの竹矢が少し重くて気になっていたのだが、これで解消。これからが竹弓、竹矢での弓道本番・・とその気になっている。
ただ、従来どおり的中率は良くて5割、もう一度基本からやってみよう!



Re: 竹弓・竹矢 ジェン - 2004/12/14(Tue) 22:49 No.357  

ほんとに替えるとは・・・。


私はただ… chacha - 2004/12/15(Wed) 23:34 No.358  

竹弓が欲しいと想う。その為には今のグラス弓で達成せねばならぬ事が…。



義士祭 投稿者:楽翁 投稿日:2004/12/11(Sat) 18:56 No.355   <HOME>

今日は長浜弓道協会の会員による「義士祭」
毎年の伝統行事だが、昔は義士に因んで47射、今は20射競技。
16名の参加で優勝はO君、私は8/20で6位。残念ながら飛び賞を逃した。低レベルの結果となったが、新入会員の人たちに飛び賞が中ってよかった。
それにしても5割は中てたかった。2〜3本惜しい射があったのだが、的に嫌われた。残念。



役員会 投稿者:楽翁 投稿日:2004/12/05(Sun) 22:41 No.354   <HOME>

都山流滋賀県支部の役員会に出席してきた。今年度の結果と来年度の計画等会議自体は終了。後の懇談会で諸師の活動状況などが話題に上り、参考になることが多かった。
しかし旧態然とした繰り返しで本当に良いのだろうか、と少し不安がよぎった。自分自身答えを持っているわけではないが、何かを変えなければならないような気がする。流派を超えた尺八界のために・・。



竹弓2 投稿者:楽翁 投稿日:2004/12/01(Wed) 11:53 No.352   <HOME>

竹弓の弓力減少のショックから何とか立ち上がろうと努力している。
しかし13から11への減少は、20から18への減少とはかなり違う。的中率はともかくとして、矢飛びの勢いとなるとかなりの差が出て、中っても喜びに繋がらない。引き方の問題でもあるのだろうと、もう一度一から射形をやり直すことにした。折角5割以上の的中率まできていたのだが・・。
先ず、前離れで左右の拳が肩の線より前に残る悪癖を直すことにした。これを直すためには的中を度外視して、的付けを変えなければならない。これまで首振りの不十分さと乱視を理由に、自分なりの的付けをしていたのだが、正規の的付けにすることにしたが、これが大変。弓を透しても的は幾つもあり、矢どころは定まらない。胸を押し込んだ離れで、肩の線上に大きく拳はあるようになり、残心の形は良くなりつつあるが・・・。
つまり弓道を始めた頃と同じ苦労をやり直すことになってしまった。
あーぁ、又やり直しだ!何時になったら竹弓、竹矢で思いっきり自分の射が出来るようになるのだろう。強い竹弓を引きたいのだが、そこまでの力がなさそうなのが悔しい!



Re: 竹弓2 ジェン - 2004/12/02(Thu) 06:59 No.353  

思い切って13Kgの竹弓を買い直すという手もありますね。おすすめするわけではありませんが。
それ一本にし、弓力の減少と射型を合わせていくというやり方です。もしそれをするならもうとっかえひっかえはできませんけどね(笑)。



竹弓 投稿者:楽翁 投稿日:2004/11/26(Fri) 18:55 No.351   <HOME>

昨年12/22日に買った竹弓(カーボン入り)、同じ13kのカーボン弓と平行して使ってきたのだが、どうしても竹弓の矢飛びが今ひとつ。
引くにもカーボン弓よりかなり楽に引けるので、昨日計ってみたところ10.5k。未だ買ってから一年弱、カーボン入りにしては弓力が落ちすぎ・・かなりのショックを受けて落ち込んでしまった。
今日早速購入した弓具店へ。店の主人曰く「11.8kあります。どうしても竹弓は1k位は落ちますから。姿もよく問題のない弓ですから大事にされては・・。いずれこれぐらいの弓力の弓が必要になりますから・・」と説得され、よく解らないまま、息子の弓道を誉められ、笑顔で弓具店を辞してきた。なんか納得しないまま、騙されたような気持ちだが・・。確かにいずれは必要になってくるだろうが。
今、スカッとした矢飛びの良い竹弓が欲しいのだ!それともこの竹弓で、スカッとした矢飛びが出来るように腕を磨けということか。
明日もう一度弓力を測り、納得できれば、腕を磨いてみよう。
しかし当分はスカッと矢飛びの良いカーボン弓を使うかな?
竹弓にこだわりをもっているのだがなぁー・・。



演奏会 投稿者:楽翁 投稿日:2004/11/22(Mon) 10:40 No.350   <HOME>

昨日は滋賀県三曲協会の演奏会。会長山本邦山師の紫綬褒章受賞記念演奏会でもあり、楽しい一日を過ごしてきた。この会でしかお目にかかれない人ともお会いできた。邦山師出演の曲「信濃の抒情」やはり邦山師の尺八はすごい。尺八の力量は勿論だが、客を魅了する吹き方、これは大いに勉強になった。最後の曲は「太鼓」邦山師が大太鼓を気持ちよく叩いておられた。



昇段 投稿者:楽翁 投稿日:2004/11/14(Sun) 18:27 No.349   <HOME>

弓道参段に合格しました。
弓道を始めて2年半、入門当初は「これで弓道できるのかしら?」と先輩に言われるほどひどいものだったらしい。61歳からのスタートは若い頃のように順調なスタートとはならず、何度も行き当たっては迂回を繰り返してきた。此処にきてやっと「弓道やっています」と言える段階になったということか。これからが本当の弓道だ。
二本とも的中の合格は嬉しい。



明暗導主 投稿者:楽翁 投稿日:2004/10/24(Sun) 21:35 No.345   <HOME>

本日明暗尺八皆伝式に参列し、皆伝受伝致しました。
これで都山流尺八大師範に次いで、明暗尺八導主となりました。
都山流は20数年研鑚していますが、明暗は入門以来3年、未だその真髄は掴めませんが、更に研鑚努力していきたいと思っています。
有難うございました。



Re: 明暗導主 ジェン - 2004/10/24(Sun) 21:45 No.346  

おめでとうございます。
相変わらず、忙しい毎日ですね。充実を一つ一つ実績に変えていくところが素直に凄いと思います。



Re: 明暗導主 上野 テルミ - 2004/10/26(Tue) 11:10 No.347  

おめでとうございます。
  楽翁様の生き方・考え方が一貫していて・・・。
  道を極めるって、こう言う事なんですね。
   感動です。尊敬しています。私も私なりに頑張ります。 
   生きる指針をありがとうございます。
                  かぐや姫



Re: 明暗導主 楽翁 - 2004/11/06(Sat) 18:16 No.348   <HOME>

先輩導主が撮ってくれた写真が届きました。有難うございました。



はつらつコンサート 投稿者:楽翁 投稿日:2004/10/22(Fri) 11:32 No.344   <HOME>

昨日は滋賀県安土町「文芸セミナリヨ」に於いて、音楽療法士 呉竹英一先生のプロデュースによる「はつらつコンサート」に参加してきた。第一部は三曲演奏、第二部は雅楽演奏、合間に観客と一緒に歌唱合唱を織り交ぜての楽しいコンサートだった。
やはり日本人には邦楽が音楽療法の分野からも適切らしい。

(写真はリハーサル中で客は未だ入っていません)

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -